男性の中には、包茎で悩んでいる方は少なくありません。包茎には、その状態で種類があり、真性包茎と仮性包茎に大別されます。真性包茎は亀頭全体が包皮に覆われているので、亀頭周辺には細菌などが繁殖してしまう可能性が高いので、早急に手術を行いましょう。

包茎手術には色々な方法があり、その術式によって費用が違います。真性包茎の場合、亀頭全体を覆っている余分な包皮を切除する方式があり、一般的にはこの方式が使用されます。
包茎手術を受けようとした場合、病院で診察をした後にすぐに手術に入るわけではありません。最初に医師のカウンセリングを受ける必要がありますので、陰茎がどの様な状態になっているのか医師の診断を受ける事になります。

医師の診断と、カウンセリングが終了したら、手術を行う日取りを決めましょう。設備の整っている病院で手術を行う場合、短時間で手術が可能なので安心して任せる事が出来ます。手術当日は、決められた時間に遅れる事の無いように来院し、手術準備を行います。

手術後は、医師の診断を受け、注意事項を守り、陰茎のケアをしていきます。術後の状態を観察しておく必要があるので、決められた日に来院し、医師の診断を受ける必要があります。
切除した部分の縫合には、抜糸の必要のない糸を使用している場合があるので、術後に抜糸を行わない場合もあります。注意したいのは、手術を行ってからしばらくの間は、傷口が開いてしまう可能性もありますので、性行為を行うのは控えておきましょう。

Comments are closed.
2016年9月
    10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ