入院の必要は?

入院の必要は?

運営者 No Comments

包茎手術を行う際、麻酔を使いますが、基本的には日帰りとなるので入院の必要はありません。その理由は、手術に掛かる時間は短く、全身麻酔を使用する事があまりないのです。そのため、手術したその日に帰宅する事が可能となっています。
もし泌尿器科で包茎手術を受ける場合、入院する事もある場合もありますが、全身麻酔を使用する事はあまりないのです。

包茎手術を行うのに、入院する場合は、医師の診断でそのように勧められた場合には、日帰りではなく入院になります。また、術後が心配な場合は医師に相談してみましょう。希望する場合は入院する事になる場合もあります。

包茎手術を行う場合、術後にトラブルが起きる事もあるので、入院している場合はすぐに医師の対処を受ける事が出来ます。しかし、日帰りで済む手術を入院にした場合、入院による余分な費用が掛かってしまう事になるので、少し余分に費用が掛かる事になります。中にはこちらのクリニックのように包茎手術後の費用が無料の病院もあるので、あらかじめアフターケアがしっかりしている場所を探しておくのもいいでしょう。

包茎手術では、日帰りでの手術になりますが、場合によっては入院になる可能性もあります。不測の事態に対応できるので、入院してもデメリットではありませんが、入院費を余分に支払う事を考えると、日帰りで済むのであれば、日帰りで行いましょう。これから手術を受けようとしている方は、よく考えてから手術を受ける事をお勧めします。

麻酔はするの?

運営者 No Comments

包茎手術を行う場合、カウンセリングを行い、その後手術日を決めてから治療に入ります。医師とのカウンセリングはとても重要な事なので、わからない事を質問しておくのですが、その際に多くの方が麻酔について質問します。包茎手術を行う際には、麻酔を使用します。使わなければとても痛くてたまりません。

麻酔を打つ場所は、陰茎の根元になります。切開する場所が亀頭部分でも、根元の部分でも、麻酔を打つ場所は根元部分になります。陰茎は、先の方よりも根元の方が痛みに対して鈍いので、切開する場所問わずに根元になります。

麻酔の針はとても細く、刺さっても少しチクッとするだけになります。その後は痛みの感覚がなくなりますので、感覚がなくなり次第手術開始になります。痛みが無くても意識はあるので、陰茎を弄られている感覚はあります。

手術が終わってから感覚が戻るまでは約3時間程度になります。その時から傷口が痛くなってくるので、麻酔が切れてきた事に気が付きます。手術当日は、痛みがあり、縫合した糸も気になります。しかし、縫合面はとても細かく丁寧なので、空気に触れる事が無いため、それほどひどい痛みにはなりません。痛み止めを処方されますが、痛み止めを飲む程痛いと感じる方はそれほど多くはありません。

包茎手術の流れ

運営者 No Comments

男性の中には、包茎で悩んでいる方は少なくありません。包茎には、その状態で種類があり、真性包茎と仮性包茎に大別されます。真性包茎は亀頭全体が包皮に覆われているので、亀頭周辺には細菌などが繁殖してしまう可能性が高いので、早急に手術を行いましょう。

包茎手術には色々な方法があり、その術式によって費用が違います。真性包茎の場合、亀頭全体を覆っている余分な包皮を切除する方式があり、一般的にはこの方式が使用されます。
包茎手術を受けようとした場合、病院で診察をした後にすぐに手術に入るわけではありません。最初に医師のカウンセリングを受ける必要がありますので、陰茎がどの様な状態になっているのか医師の診断を受ける事になります。

医師の診断と、カウンセリングが終了したら、手術を行う日取りを決めましょう。設備の整っている病院で手術を行う場合、短時間で手術が可能なので安心して任せる事が出来ます。手術当日は、決められた時間に遅れる事の無いように来院し、手術準備を行います。

手術後は、医師の診断を受け、注意事項を守り、陰茎のケアをしていきます。術後の状態を観察しておく必要があるので、決められた日に来院し、医師の診断を受ける必要があります。
切除した部分の縫合には、抜糸の必要のない糸を使用している場合があるので、術後に抜糸を行わない場合もあります。注意したいのは、手術を行ってからしばらくの間は、傷口が開いてしまう可能性もありますので、性行為を行うのは控えておきましょう。

2016年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ